コラボレーションブランド「DRAW A LINE」

普段の設計デザイン業務の中で、おしゃれで気になる「素材」「商品」をご紹介して行きたいと思います。第三回目は、「突っ張り棒」のトップシェアメーカー平安伸銅工業株式会社とクリエイティブユニットTENTとのコラボレーションブランドである「DRAW A LINE」をご紹介します。


(引用元:http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/)

「デッドスペースを生かしたい。」「賃貸物件なので傷つけたくない。」それでいて、「デザイン性は保ちたい。」多くのオフィスデザインに関わっていると、よく聞こえてくるのがこんなご相談です。

今回ご紹介する「DRAW A LINE」は、突っ張り棒をただの便利グッズではなく、暮らしを豊かにし、空間のアクセントツールとして提案しています。何か物足りないオフィスデザインのお悩みに、新たな解決策をもたらしてくれるかもしれません。

「一本の線からはじまる、新しい暮らし」が、「DRAW A LINE」 のコンセプトです。自在な空間の使い方を、ご紹介していきます。

重量感のある質感と自在なサイズ展開


(引用元:http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/)

素材感のあるマットな黒色塗装が目を引きます。
カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2タイプ。オフィスのデザインに合わせて選べるのが嬉しいですね。また、サイズも75cm-115cm、115cm-190cm、200cm-275cmと3タイプあり、縦横両用なのも可能性が広がります。

多彩なオプションでこだわりの空間を


(引用元:http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/)

「DRAW A LINE」には専用のオプションが数多くあります。
定番の小物を置くためのシェルフやフックだけではなく、ミニテーブル、ランプやハンガーなどたくさんの選択肢があるので、オフィスにできやすいデッドスペースも有効活用できます。


(引用元:http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/)

簡単な休憩スペースを作って、コミュニケーションが取れるようにするのも素敵ですね。


(引用元:http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/)

ちょっと照明が足りない箇所に設置するという、使い方もできそうです。
工夫次第で、多くの可能性を描ける「DRAW A LINE」 で、思い通りの空間作りをしてみてくださいね。

「DRAW A LINE」ウェブサイト
http://www.heianshindo.co.jp/draw_a_line/