「studio Razavi architecture」がデザインを担当したフランスのパリの保険会社のオフィススペース。
シンプルなマツの木製ルーバーをふんだんに使用しています。マツは手に入れやすくコスト面でも使いやすい素材です。
ガラス張いのオフィスにはルーバーから光が入って来ながらも、プライバシーを守るようなデザインになっています。シンプルながらもインパクトの強いデザインですね。


(引用元:http://www.contemporist.com/how-to-make-a-design-impact-using-simple-pieces-of-wood/)