コンサルティング会社「Trask Solutions」の為に「Studio Perspektiv」が設計した、チェコ共和国・プラハのオフィスを紹介します。同社の企業文化を反映させたオフィスとなっています。

数百平方メートルにもおよぶメインのスペースは ”リビングルーム“ と呼ばれ、会議を実施したり、スタッフが自由に過ごすことのできる場所となっています。作業机はホワイトボードで仕切るのみとし、スタッフが孤立しないよう配慮しています。集中したい時には、仕切られた部屋で作業を行うことも可能です。

スタッフは仕事の合間に、ラウンジでリラックスすることができます。古い体育設備やブランコなどを設置し、ストレッチを行ったり、ブランコを揺らしながらリフレッシュしたりすることができるようです。
その他にもキッズエリアを完備し、スタッフが子ども連れで出社することも可能です。

インテリアには、白樺の合板や鋼板、コンクリート、ガラスなど、様々な素材を使用しています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2019/01/28/trask-solutions-offices-prague/)