家庭用品などを製造する世界有数のメーカー「Unilever」の為に、「Studio 13 Architects」が設計したトルコのオフィスを紹介します。

Unilever傘下のKnorrとLiptonの新しい拠点としてイスタンブールに建設され、その強力なブランドアイデンティティをオフィスデザインにも反映しています。
屋根の配色はユニリーバのブランドカラーを基調とし、エントランスには商品の展示棚を設置しました。

LiptonとKnorrは飲料・食品ブランドであることから、オフィス内とラボエリアには、衛生的なイメージ設計がされています。特にラボでは白色光を部分的に使用することで、クリーンな印象を高めています。
しかし、オフィス全体にラボの持つ冷たい印象が蔓延しないように、イエローやグリーン、ブラウンなどのカラフルな椅子や木製の壁面収納などで温かみを持たせバランスを取りました。また、各会議室はユニリーバのロゴのアイコンからヒントを得て、それぞれ異なるカラフルで鮮やかな色をテーマとしています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2019/02/05/unilever-knorr-lipton-factory-offices-istanbul/)