「Gensler」が彼らの経験に基づいて、自身のために設計したサンフランシスコのオフィスを紹介します。

金融街の中心部に位置するこの新しいオフィスは、周囲の地域社会とのつながりだけでなく、オフィス内でのつながりを強める機会を提供しています。支柱のない床板を採用することで、すべての人が関わりながら共同作業できる作業場を設計しました。

オフィスは3つのフロアで構成されており、2つの作業フロアには着席型の作業ステーション、電話室、チームの共有エリア、半個室などがあり、スタッフはその日の仕事を効率的に行うためのスペースを選ぶことができます。また、アイデアや方向性を確認することができるデザインラボや試作スペースも装備されています。

中層階には受付や多目的スペースがあり、“コミュニティ”と“コラボレーション”という企業文化を体現しています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2019/05/06/gensler-offices-san-francisco/)