「Adolfsson & Partners」が手掛けた「King」のストックホルムオフィスを紹介します。
Kingでは、プロジェクト毎に新しいチームが編成されることが多いため、オフィスは柔軟に、多様な働き方に対応できる空間であることが必要でした。社員は常に新しい解決策が求められるゲーム業界で働いています。そのため、世界がいかに創造性と遊び心によって動かされているのかに注目すること、そして成功を収めるためのエネルギーと原動力を養うことの両方を融合させた空間を目指しました。

その結果Adolfsson & Partnersは、自然の中で時を過ごす際、刺激を受ける一方で同時に心が落ち着くという効果に着目し、スウェーデンの森というコンセプトを採用しました。インタラクティブシステムが採用されたフローリングは、社員の足音に反応して小川のせせらぎや魚の跳ねる音を流し、照明の機能と共に移り行く季節を表現します。

この空間は多様な働き方を実現する役割も担っており、特別に建て付けられた家具や高い丘を利用してパソコン作業をすることや、吊り下げられた籠椅子で働くことも可能で、Kingで働く開発者たちが革新的であり続けることに役立っています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2016/08/08/king-offices-stockholm/)