「Peldon Rose」が手掛けた「Budweiser」のロンドンオフィスを紹介します。
Budweiser醸造グループでは、2019年とそれ以降の大胆な目標を明示するため、複数のオフィスからこのオフィスへチームを集めました。この2800㎡の空間は、新たな才能を採用し育成する場として活用されています。

機能的かつ魅力的に仕上げられたこの空間では、色使いや家具、照明まで、魅力的でインパクトのある職場を作り上げるものが選ばれました。職場は単に社員が出社し1日を過ごすための場ではなく、社員同士が交流し、会社との繋がりを感じ、ブランドに魅了されることができる場であるべきというBudweiser醸造グループの信念が、このオフィスのデザインのインスピレーションの源となっています。

このプロジェクトの大きな動機の一つは、異なるオフィスから集められた人々のコミュニケーションを深め、このビジネスで働いているというプライドを育てる環境を作ることでした。そのため、社員同士が仲を深めチームの枠を超えて協力し合うことを促進するための多様でカジュアルな空間と、柔軟な働き方の選択肢がオフィスの空間全体に備わっています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2019/08/02/budweiser-offices-london/)