デザイン性と実用性を実現した新素材

ロハスマーケットをコンセプトに掲げるWOOD MAKER JAPAN株式会社から、木質新素材「e.wood+ 波型ボード」をご紹介します。
強度と軽さ、デザイン性と実用性を兼ね備えた製品です。


(引用元:https://www.sunrise-gogo.co.jp/order/ewoodplus

恵まれた資源と高い技術力が生み出した「e.wood+」

WOOD MAKER JAPAN株式会社は、木材資源を活かすモノづくり産業を起点とするイマイグループの一員です。
紙の段ボールを活用した雑貨やクラフト品の流行を受け、木質の段ボール状素材板や波型状ボードの開発をスタートしました。

イマイグループが持つ薄板の連続曲げ加工技術と青森県の恵まれた木材資源を活用することで、木質新素材「e.wood+」を生み出したのです。


(引用元:http://woodmaker.jp/process/)

しなやかで曲げに強い「波型ボード」

e.wood+は、本来なら捨ててしまう化粧突板の端材を再利用した、環境にやさしい新素材です。

e.wood+の表面を波のように湾曲させた製品が「波型ボード」。
素材が木であることから、丈夫で壊れにくいという特徴を持っています。
しなやかで曲げにも強いので、インテリア兼クッション材として使うことも可能です。


(引用元:http://woodmaker.jp/lineup/)

アイディア次第でどんな場所でも活躍

壁のコーナーアクセント


(引用元:http://woodmaker.jp/works/)

イベント用に制作した波打つ壁
※ウオールナットは注文品になります。


(引用元:http://woodmaker.jp/works/)

エントランスのアクセント


(引用元:http://woodmaker.jp/works/)

天井のアクセント


(引用元:http://woodmaker.jp/works/)

店舗什器の天板デザインアクセント
※サイズを伺った上で受注生産になります。


(引用元:http://woodmaker.jp/works/page/2/)

e.wood+は、木の持つ暖かな雰囲気を感じることができる製品です。
オフィスに取り入れることで、健康的で快適な空間を創出することができるでしょう。

「e.wood+ 波型ボード」ウェブサイト
http://woodmaker.jp/lineup/