「DEGW Italia」が手掛けた「Nestlé」のイタリアミラノ本社オフィスを紹介します。

標準フロアのレイアウトコンセプトは、さまざまな大きさの会議室、小休止スペースとプロジェクト構想エリア、集中を必要とする仕事のための静かな部屋と電話ブースからなる開放的なオフィスでした。このコンセプトは、中庭を囲うように作られたメインの建物とその他とを繋ぐ交差部分に位置する、休憩エリアやテーマ別のコーナーのレイアウトに最大限に活用されています。

また、建物全体に広範囲な集中支援システムを形成する大きなスペシャルエリアもあります。エントランスホールにはマルチハイプスペースと呼ばれる空間があり、さまざまな受信機能と通信機能を備えています。1階のフードプロムナードは、5つの会議室で構成されており、グループのさまざまな製品―水、コーヒー、ココアパウダー、シリアルーの基本的な成分を記号で表現しています。2階にある大きな社員用レストランーVIPエリア、バルコニー、ラウンジエリアそして自由に出入りできるスペースがありますーには、グループまたは個人で仕事するための特別でニッチなスペースが備わっています。

(引用元:https://officesnapshots.com/2015/04/13/nestle-group-milan-headquarters/