JLL」がデザイン した、バンコクにある「SPACES」のエンパイアタワーオフィスを紹介します。

バンコクの最も重要なビジネス街の中心部に位置するこのオフィスは、この有名なコワーキングスペースサービスの提供会社のフラッグシップとなる空間としてデザインされました。かつてはビンテージ調のバーだった空間。ラウンジエリアは、既存の伝統的なデザイン要素を現代性に取り込みむよう作られ、これはSPACESブランドの特徴でもあります。

現代性とクラシックさの間の伝統的な境界に挑戦するため、既存のチェッカーボードマーブルの床材とSPACESらしいミニマリストなデザイン要素を取り入れた高い天井を混在させ、その結果、驚くほどに活き活きとした協働スペースとなりました。

一方オフィス空間は、個室席や自由に使えるパントリーキッチン、協働テーブルなどを備えた小さな協働スペースを提供しています。別の階にあるラウンジエリアとのデザインの統一性を図るために天井高を上げており、そのために既存の天井は取り除いています。


(引用元: https://officesnapshots.com/2019/10/09/spaces-empire-tower-offices-bangkok/)