「workplace solutions」がデザインした「Nordea」のポーランド、グディニャオフィスを紹介します。

ポーランドで初のNordeaの浪費削減型オフィスでは、リサイクル素材や有機の素材をオフィス全体の80パーセントに使用する設計を行いました。この試みは、環境に優しいプロジェクトが機能的であり、美観を備え、そして利用者のニーズに応えることができることを証明しています。一般的なオフィスの寿命は5~10年。建築業界で言えば、これはビニール袋1枚の寿命と言えるほどの短さです。workplace solutionsの設計家たちはこの流れを変えることを目指しました。

ほとんどの電化製品や換気システムは改修、または取り換えられています。使用されていなかった天井材や音響パネル、カーペットが製造業者の倉庫から集められ、家具やランプ、装飾品は会議によって採用されました。宣伝用のポスターは修復され、そして使用済みの鉢や古い植物は第二の人生を与えられました。再利用の煉瓦や有機植物、生物分解が可能な金属箔が天然のコルク材で作られた壁を飾っています。


(引用元:
https://officesnapshots.com/2020/01/21/nordea-less-waste-offices-gdynia/