「Spector Group」が設計したニューヨークのミッドタウンに位置する「Waterfall Asset Management」の本社オフィスを紹介します。

Spector Groupは、資産管理会社にありがちな白いミニマムなオフィスから脱却した、ブランドの本質を表現する、現代的で個性的なオフィスを完成させました。

フランス製クルミ材の羽目板や剥き出しの黒い天井、個々に設計された会議室、石の仕上げが施されたシーリング、多様な照明など、企業とホスピタリティ溢れるデザインの要素を組み合わせ、現代的でありながらも成熟した労働環境を提供しています。

オフィスの中心には長椅子、プライベートスペース、オープンな会議テーブルを組み合わせたカフェスペースを配置しました。このスペースはカジュアルな環境を提供し、社交的な集まりやプライベートな打ち合わせ、小規模なチームミーティングなどに使用されます。視界が遮られることなくトレーディングフロアへ続くカフェの照明は意図的に減光されており、スタッフが業務の喧騒から解放される快適な環境を作り出しています。

(引用元:https://officesnapshots.com/2020/02/03/waterfall-asset-management-offices-new-york-city/)