オフィスのニーズに対応する「ワイヤーシステム」

荒川技研工業株式会より、グリップを用いて自由な組み合わせが可能な「ワイヤーシステム」をご紹介します。
空間レイアウトにあわせて金具の位置調整を簡単に行うことができるので、オフィスの様々なニーズに対応します。

(引用元:https://www.arakawagrip.co.jp/about/story/)

無限の可能性を秘めた「アラカワグリップ」

1975年、荒川技研工業は「ないものを創る」という理念のもとに、世界に先駆けてワイヤー金具の調整機構「アラカワグリップ」を開発しました。
アラカワグリップは、ワイヤーを金具に挿入すれば任意の位置で確実に固定されるワイヤー固定金具です。ワンタッチで位置調節でき、カシメやワイヤークリップでの固定のような作業によるばらつきが生じないのが特徴となっています。

荒川技研工業は、この技術を用いた様々な用途製品を開発し、多彩な使い方や空間づくりを国内外で展開しています。創業時からの「ないものを創る」という理念のもと、ここからさらに新しい試みに挑戦し、次代に向けた新しいものづくりのかたちを切り開いているのです。


(引用元:https://www.arakawagrip.co.jp/products/hangingsystem-picturerail/ )

自由な組み合わせが可能

アラカワグリップを用いたワイヤーシステムは、「天井・中間・床」を基本として構成されるシステムです。
ワイヤーを使用することで、空間を活かす浮遊感のあるディスプレイも可能となります。
グリップは自由に組み合わせることができるので、オフィスはもちろん、店舗ディスプレイや住まい空間など様々な場所やシーンで活躍することでしょう。


(引用元:https://www.arakawagrip.co.jp/showroom/)

SCENE

インスタレーション、VMD


(引用元:https://www.arakawagrip.co.jp/products/hangingsystem-picturerail/scene/office/)

サイン・パネル吊り


(引用元:https://www.instagram.com/p/B0xb3ylADYt/)

棚吊り


(引用元:https://www.arakawagrip.co.jp/showroom/)

組み合わせ次第で、様々な活用方法があるワイヤーシステム。「置く」ではなく「吊るす」ことで、空間に新たな可能性を生み出すことができるはずです。ぜひオフィスに取り入れてみてはいかがでしょうか。

「ワイヤーシステム」ウェブサイト
https://www.arakawagrip.co.jp/products/hangingsystem-picturerail/