「VMAD」が設計した「J. Crew」のニューヨークシティ本社オフィスを紹介します。

VMADがJ. Crewから新しい本社の設計を依頼された時点では、具体的な移転先は決まっていませんでした。彼らのチームはNYダウンタウンの物件の検討に多くの時間を費やし、最後にやっと理想的な物件を見つけ出しました。一見完璧に見えましたが、現実的には、全面改装と多くの手直しが必要でした。

1,000人以上の従業員のためのオフィスとワークステーション、5つの写真スタジオ、模擬店舗、卸売り用のショールーム、CEO用の特別室と役員室、巨大なサンプル用クローゼット、従業員用ラウンジ、小規模な会議スペース、最先端の大会議室などが設計されました。また、壁には木製の薄板や柔らかな素材を採用し、印象的なカーペットや照明を新たに配置しました。かつてはシンプルなオープンスペースが存在していた場所には、隠れ家のような「交流と集いのスペース」が配置されています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2020/03/03/j-crew-headquarters-new-york-city/