「CSMM」が手掛けた「Frontier Economics」のケルンオフィスを紹介します。

ビジネスコンサルタント会社Frontier Economicsは、設立当初から「他社との差別化」を掲げています。Economicsに創造力に富んだ構想と個性をもたらすため、CMSSは「他とは違う」居心地のよいオフィス環境を作り出しました。

CMSSの建築家は天然素材で持続可能なリノリウム、リサイクル製品のOSBを採用し、また鉄素材は窓から見える工業湾を象徴しています。これらの素材を活かしたオフィスは自然と工業湾の景観とのコントラストを反映しました。

オフィスは受付・会議ゾーン、娯楽エリア、静かな仕事空間の3つのエリアに分かれています。仕事エリアではカーペットタイルの色に緑やグレーを使い、娯楽エリアでは緑のリノリウムとオレンジ色の象眼で仕切るなど、各エリアで異なる素材や色彩を使用しました。

Frontier Economics用にデザインしたシートステップは、くつろぎの空間や部屋の仕切りとしてだけでなく、収納、プランター、ライン川の眺めを楽しむ場所としても利用できます。


(引用元:
https://officesnapshots.com/2020/03/06/frontier-economics-offices-cologne/