「Olson Kundig」が設計したデジタルデザインオフィス「This Place」のワシントン州シアトルのオフィスを紹介します。

このデジタルデザインスタジオは互いに繋がる3つのゾーンで構成されています。各ゾーンには、スタッフの作業への集中を促す、オフィスのコアとなる集合的なオープンワークスペース、コラボレーションを促進するためのセミプライベートのプロジェクトスペースをレイアウト。そしてそこから放射状に広がり周囲を囲む多目的、社交スペースを配置しました。これらの途切れなく繋がる3つのゾーンはThis Placeの終わることのない創造的な職場環境への探求心を表現しています。

オフィス内で行われているクリエイティブな業務に専念するため、全体を通して明るく、最低限の色使いとしました。大会議室としても機能する、中央のリビングルームに配置されたマルチパネルの引き込み式の壁は、セミプライベートのワークスペースを作り出します。そして、画鋲止めや書き込みが可能な壁の表面は、This Placeの創造力を必要とするデザイン作業に不可欠な俊敏性と柔軟性を与えています。


(引用元:
https://officesnapshots.com/2020/04/08/this-place-offices-seattle/