「Koncept」と「SENAB」が設計した不動産管理会社「Atrium Ljungberg」のストックホルムオフィスを紹介します。

オフィス改装の事前調査で、ほとんどの従業員がオフィスの外で業務を行っていることが判明したため、有効活用されていないワークスペースを最適化することに焦点が当てられました。オフィス環境自体がその日のタスク管理を行うことができる、モダンで持続可能なワークスペースを目指しました。

新しいオフィスは完全に活動ベースで制作され、その考えがデザインと間取りの両方に反映されています。快適で温かみがあり、静かな環境と高水準のサービスを提供するホテルからインスピレーションを受けてデザインされました。また、耐久性に優れ、持続可能であることも重要な要素でした。そのため、いつまでも変わることのない環境を象徴する、上質な素材や家具を選ぶことも譲れないポイントであり、木工品、繊維製品、家具、仕事道具は持続可能な特性を明確に備えた特定業者によって製造されました。


(引用元:https://officesnapshots.com/2019/11/26/atrium-ljungberg-offices-stockholm/