12面体 無指向性スピーカー「scenery」

sonihouseより、12面体 同軸・無指向性スピーカー「scenery(シナリー)」をご紹介します。
様々な空間において音響と音楽の新たな可能性を広げることができる、音質・デザイン性ともに優れたスピーカーです。

無指向性の音とは

自然の音は本来、一点から四方八方へと球状に放射される特定の発音方向を持たない指向性のない音、いわゆる「無指向性」の音として存在しています。それに対し私たちが普段接している一般的な四角い箱のスピーカーは、正面から音を直線的に発する、いわゆる「指向性がある音」として存在しています。このように一般的なスピーカーの発音は、もともと不自然な発音方法であることに気付きます。

無指向性スピーカーが目指すのは、声や楽器の音をより自然な響きとして再現することです。さらに、本来スピーカーから発せられてはじめて音として聴かれる電子音も、声や楽器と同じアコースティックな響きとして聴かれることになります。

(引用元:https://www.sonihouse.net/products/scenery.html)

従来の12面体スピーカー

正12面体は古くから最も高い対称性を持つ美しい立体として知られています。そして正多面体として球に一番近い立体です。
そんな正12面体を有した「無指向性スピーカー」は元来、音楽ホールの音響測定などの用途を目的として開発され、その後、音楽再生に向けた同種のスピーカーが市場にもあらわれました。

しかしそれは外部機器での補正が必要であったり、市販アンプが使えなかったりなど、使用の制限があり、音質が正当に評価されることのない、特異なスピーカーという存在だったのです。

どんなアンプとも組み合わせが可能

そこでsonihouseは、従来の正12面体スピーカーの課題点を取り除いた「scenery」を開発しました。

一般的なスピーカーと同様に、どこでも設置でき特別なケーブルや電源は不要で、どんなアンプとも組み合わせが可能。さらに今までの12面体 無指向性スピーカーにはなかった「同軸・無指向性」という構造から、外部機器に頼らずスピーカー単体で広帯域な再生音とシャープな音質を獲得することに成功したのです。

(引用元:https://www.sonihouse.net/products/scenery.html)

Spec

製品名 | scenery (standard)
外形寸法 | 286W × 292H × 268D (mm)
重量 | 4.2kg(1台)
仕上げ | バーチ/アメリカン・ブラックチェリー/ウォールナット/ホワイトオーク/ボグオーク

(引用元:https://www.sonihouse.net/products/scenery.html)

Scene

坂本 龍一 + YCAM InterLab《フォレスト・シンフォニー》(2013)@山口情報芸術センター ホワイエ

奈良市アートプロジェクト 古都祝奈良 グリーン・マウンテン・カレッジ「耳を澄ます」@ならまちセンター 芝生広場

山口 木の道具と喫茶のお店「jingoro」

大阪 珈琲と白ワイン「tent」

音を鳴らすだけではなく、空間に音を溶け込ませてくれる「scenery」。小音量でも繊細な響きを空間全体に広げてくれるスピーカーは、オフィスBGM用としても活躍することでしょう。

「scenery」ウェブサイト
https://www.sonihouse.net/products/scenery.html