「Verona Carpenter Architects」が手掛けた「Adidas」のニューヨークオフィスを紹介します。

新オフィスプロジェクトの一環として、1936年に建築した歴史ある工場の2フロアを最先端のオフィス、イベント・ショールームスペースに改装しました。このプロジェクトではすべての什器の仕様やAV機器、セキュリティ、IT、ブランディングに至るまでコンサルタントチームによる入念な調整を行っています。

創造性と革新性を育むため、デザインはスポーツ、スピード、クリエイター文化からインスピレーションを得ました。スタジアム仕様の照明器具が、アリーナの看板を想起させるスーパーグラフィックの標識と共にショールームの通路を照らしています。中央のエレベーターとサービスセンターは、音響性能のある波形の金属パネルで覆い、60度の角度を持った有名な三本線のロゴを施しました。

インテリアに使用した素材や活気に満ちたサイトスペシフィック・アートは、信頼性や洗練といったAdidasのビジョンと共鳴しています。


(引用元:https://officesnapshots.com/2020/05/06/adidas-offices-new-york-city/