「CallisonRTKL」が設計した「Appian」のバージニア州の本社オフィスを紹介します。

エンタープライズテクノロジー市場のグローバルリーダーであるAppianは業界リーダーとしての強みと、新鮮で協調的なアプローチを反映する本社オフィスを必要としていました。

2週間ごとに組み替えられるチームで特定の問題やタスクを処理する、ユニークな組織構成に対応するため、スペースのレイアウトや家具、マインドセットに柔軟性が求められました。

Appianの流儀は素材選びにも反映されました。その一例として中二階の「ツリーハウス」と呼ばれるアトリウムを含む、すべてのフロアを繋ぐ壁のデザインにコンクリートを流し込んでいます。

カスタマイズが可能な理想的なワークスペースを纏め上げ、8つのフロアのそれぞれに独自の仕上げを施し、快適で居心地の良い環境を作り出しています。敷地内には池、遊歩道、グランド、講堂、カフェテリアなどの設備を整え、スタッフがリラックスした環境でインスピレーションを刺激することが可能です。

(引用元:https://officesnapshots.com/2020/09/07/appian-offices-tysons-corner/