「CPU」と「Vector Mais」が手掛けた「Auchan」のポルトガル、パーソ・デ・アルコスオフィスを紹介します。

国際的に展開しているフランスの大手小売業グループAuchanは、国内で50年の歴史を持つブランドPão de Açucarの買収を機にポルトガルに進出しました。新社名への変更に続いてポルトガル市場へ積極的に投資を行い、新店舗のオープンだけでなく、新本社の建設にも着手しました。

新本社オフィスは、ポルトガルでのAuchanブランドの立ち上げ後、初のハイパーマーケットをオープンしたばかりのパーソ・デ・アルコスに構えることにしました。Vector Maisがオフィスの内装を手掛け、デザインをCPU建築スタジオが担当し、Auchanの新しいアイデンティティを反映したモダンで機能的な職場環境を実現しています。建築のゼネコンであるVector Maisは、エンジニアリングと技術設備のすべてを調整しながら、わずか6ヶ月でオフィスの内装を完成させました。


(引用元:https://officesnapshots.com/2020/11/17/auchan-offices-paco-de-arcos/