「Kinetic Workplace Limited」が設計したオンライン投資企業「Gain Capital」のイギリス・ロンドンオフィスを紹介します。

ゲインキャピタルは、ロンドン市内からテムズ川沿いの事務所への移転を検討する際、デスク作業のスペースを減らし、ラウンジスペースの割合を増やすことで、カジュアルでスマートな作業環境を作り、スタッフの仕事の方法を変えたいと考えました。

プロジェクトの概要設計は英国のパンデミックによるロックダウン時に行われたため、コロナウイルス後の職場がどのように利用されるかに焦点を置き、設計されました。

ベースの倉庫スタイルに合うよう黒いメッシュの障壁を使用し、上下階を一体化した設計を行いました。下の階はカーペットを敷いたラウンジエリアのフロア、会議スペースとトレーディングのための一段上がったエリアが配置され、テーマとした倉庫の雰囲気はガラスのパーティションで囲まれた会議室へと繋がっています。

オフィス内の様々な場所で、快適さ、リラクゼーション、チーム/コラボレーションを組み合わせています。


(引用元:
https://officesnapshots.com/2020/12/10/gain-capital-offices-london/