「CBRE Design」が手掛けた「TPA Group」のアトランタオフィスを紹介します。

CBRE Designは、不動産投資会社TPA Groupのオフィスの設計を担当しました。新オフィスはアトランタの象徴、ミッドセンチュリーモダンの建物内にあるため、ミッドセンチュリースタイルの基本的な要素「開放感・屋外とのつながり・角を強調した構造・ミニマルな美しさ」が空間づくりの重要な哲学となりました。

ロビーから1階のスペースへの移動はシームレスで見通しが良く、受付とロビーの間は一枚のガラスのみで仕切っています。この作りによって、従業員とゲストは瞬時に開放感に包まれます。また、ミーティングスペースとソーシャルハブには縦型スラットを設置し、プライバシーを確保するとともにTPA Groupのロゴとの関連性を持たせました。

コラボレーション文化を助長する空間とするため、ガラス製のオフィスフロントを採用。チーム間の透明性を確保しました。ガラスを使うことで屋外への眺望とつながりも作り出しています。

(引用元:https://officesnapshots.com/2020/12/17/tpa-group-offices-atlanta/